家を建てる流れ村上工務店の家づくり

  • トップ › 
  • 村上工務店の家づくり › 
  • 家を建てる流れ
家を建てる流れ
1

お客様との出会い

お客様や知人、職人仲間がお客様をご紹介してくださるというかたちでの出会いが多いのですが、直接のお問い合わせや相談も大歓迎です。たとえば当社の家づくりについて詳しく知りたい、施工例を見学したいというご要望があれば、お気軽に電話やメールで、またホームページからお問い合わせ下さい。

2

ご相談(ヒアリング)・ 敷地環境調査

お客様のご要望や思い描いている家のイメージ、デザインの好みなどをお聞きします。敷地に合った家をつくること、敷地メリット・デメリットを考慮したプランニングも重要ですから、日照や通風、近隣の家の状況など、敷地環境を調査します。

3

資金のご計画

家づくりを進めていくにあたって重要になってくるのが資金計画です。総予算を出し、それに応じた資金計画を立てます。資金計画とともに、各種補助金制度の利用についてもサポートいします。

4

設計プランの作成・検討

設計プランの作成・検討 お客様のご要望やライフスタイル、敷地環境に合せてプランを作成し、概算見積りとともにご提案いたします。お客様にプランをご検討いただき、提案プランに対するご要望や感想をお聞きします。その後、ご要望を反映させたプランと概算見積りを再提案するという流れで進めます。

5

ご契約

ご提案したプランと見積りにご納得いただき、プラン決定となります。プランに基づいた契約内容や建築スケジュールを提示し、ご説明させていただき、ご契約を結びます。契約に際しては建築工事請負契約書を交わします。

6

地盤調査

地盤調査 建物を支える地盤の状態を調査します。地盤の状態によっては、地盤沈下を起こし家が傾いてしまうおそれがあるからです。

7

地鎮祭・着工

地鎮祭・着工 工事着手前に地鎮祭を行います。地鎮祭は、土地の守護神に工事中の安全を祈願し、お施主様の家内繁栄を願う神事です。地縄張りをし、敷地の境界や建物の配置を確認した後、工事スタートです。

8

地盤改良・基礎工事

地盤改良・基礎工事 6の地盤調査で、軟弱地盤であるという結果が出た場合は地盤改良を行います。地盤改良後、家の土台である基礎の工事を行います。基礎は面で支えるベタ基礎で、立ち上がり幅は通常の120mmより厚い150mmを標準仕様としています。

9

墨付け・加工

墨付け・加工 建築に使用する木を吟味して仕入れ、自社の加工場で自社大工が墨付け・加工を行います。墨付け(加工前の目印をつける)の際には木のねじれや反り、くるいがないかをチェックします。墨付けの印に合せて手刻みで木を加工します。あらわしの梁を手斧(ちょうな)で独特の削り跡をつけたり、柱は鉋がけで美しくつややかに仕上げたり、すべて手作業で行います。

10

上棟

上棟 柱・梁などの構造部材を組み上げていきます。家の構造体が完成すれば、上棟です。工事の安全とお施主様の家内繁栄を祈願する「上棟式」を行います。上棟式は家づくりの祝い事でもあります。

11

お引き渡し

お引き渡し すべての工程が完了したら、家全体を検査します。その後、お施主様立ち合いのもと、検査をし、お引き渡しとなります。設備関係の説明書や各種保証書をお渡しします。

12

アフターメンテナンス(保証等)

アフターメンテナンス(保証等) 一年点検など各種保証を付保するとともに、お施主様のご要望に応じて必要なメンテナンスを行います。

スマフォサイトを表示
ページトップヘ